専門家が語る!40代の美学講座

頬のこけの「手軽な解消法」と「予防法」を一挙公開!

若い頃は「顔をもっとシュッと細くしたい!」と悩んでいたのに、
35歳を過ぎる頃から頬が痩せこけてボリュームアップしたい悩みが出てくるなんて、
実際にこの年齢になってみないとわからないものですよね。。

前回に引き続き、田中ドクターに頬のこけについて詳しく話を伺ってきました!

アラフォー世代になると、加齢によって脂肪が下垂するため、たるみとあわせて頬がこけたり目の下がくぼむなど凸凹現象が起きてきます。

前回の「脂肪注入による頬のこけ改善治療」に引き続き、今回は「手軽な方法で頬のこけを改善する治療法」について田中龍二先生にお話を伺ってまいりました!

湘南美容クリニック横須賀院

神奈川県横須賀市大滝町2-15-1 横須賀東相ビル4階
電話番号:0120-955-899(10時~23時受付)
診療時間:10時~19時(火曜・木曜休診)


■頬のこけを手軽に改善できる方法とは

―先生、前回は脂肪注入による頬のこけ改善法について詳しく教えていただきましたが、今回はもうひとつのオススメ治療について詳しく教えてください。

田中先生:はい、よろしくお願いいたします。

前回もお話しをしました通り、頬のこけは、加齢による脂肪のボリュームダウンや骨の萎縮、靭帯と呼ばれる支持組織による「陥凹」の影響が原因で、目の下のクマやゴルゴラインも目立ちやすくなります。

脂肪注入は半永久的に持続するためオススメではありますが、どうしても脂肪を採取されるのが怖かったり、できるだけコストを抑えたいという場合にはヒアルロン酸注入という方法があります。

―ヒアルロン酸!!

田中先生:ヒアルロン酸は様々な治療で使用されるため、美容医療の中でも一番メジャーな注入法かもしませんね。

しわの改善、ハリ感アップといった若返り治療の他、鼻を高くしたり、顎先を細くする、胸を大きくするといった場合にも使用されます。(ヒアルロン酸の種類は異なります)

―頬のこけを改善する際にはどんな形で使われますか?

田中先生:脂肪注入と同じように、頬のくぼんだ箇所にヒアルロン酸を充填しボリュームアップする目的で使用します。

ヒアルロン酸はもともと人間の身体の中にある成分で、コラーゲン組織を保持する役割があります。注入することで皮膚にふくらみを持たせて頬のこけを改善することができます。

―手軽なのでやはりヒアルロン酸は人気ですね。

田中先生:そうですね。

ただし手軽な分、ヒアルロン酸の場合は半年から1年程度で体内に吸収されてしまいます。

頬のボリュームを長期間維持させたい場合には、脂肪注入も検討されてみるとよいかもしれません。

―手軽なヒアルロン酸注入ですが、気にすべき点などはありますか?

田中先生:注入する皮膚層によっては、触ったときに多少凸凹してしまうことがあります。

手軽で簡単そうに見えるヒアルロン酸注入ですが、脂肪注入同様にデザイン力が求められる治療法ですので、医師の経験に基づく微調整がポイントですね。

また目元やほうれい線など浅い層へ注入する際には少ない量で済みますが、頬のこけている状態によってはかなりの量が必要になることもあります。

事前のカウンセリングの際に、ヒアルロン酸注入が適しているのかどうかを医師に判断してもらうのが良いでしょう。


■お顔の若返り対策でオススメの併用治療

―頬のこけとあわせて併用されることが多い治療などはありますか?

田中先生:頬がこけている方の場合、目の下やこめかみのくぼみ、ほうれい線やゴルゴライン、額のしわなども気にされているケースがあります。

この場合、頬のこけと一緒にヒアルロン酸注入を行いトータル的なアンチエイジング治療を行うことも可能です。

―確かにやってもらうなら一度に改善したいです!

田中先生:ヒアルロン酸は1本単位で提供していますので、いくつかの部位に入れられるほうが効率的かもしれないですね。

なお当院では、初回の治療から半年間は余ったヒアルロン酸を冷所保存しています。

ですので、同窓会やイベントなどに出席される前に、気になる部位へ注入しハリ感を出したり、ボリュームアップするという使い方をされる方もいらっしゃいますよ。


■頬のこけを事前に予防する方法はコレ!!

―先生、ちなみに頬のこけを予防する方法はあるのでしょうか???

田中先生:あります。

―おおお!!!

田中先生:頬に限らず、何事も早めに予防することで老化を防ぐことができます。

変化が起きてしまったものを一度で元通りにすることは難しいですが、定期的にケアをすることでできるだけ長く、現状維持をすることができます。

―具体的にはどんな方法がありますか!?

田中先生:引き締め、リフトアップ、小じわ予防という点でオススメなのは「ウルトラリフトダブル」という治療です。

HIFU(ハイフ)という超音波を使った照射治療なのですが、外科治療と同じように皮膚の奥深くの筋層(SMAS)までしっかりと過熱しコラーゲン生成を促進することができます。

照射後は多少赤みが出ますが、その後は赤みや腫れもないため、アンチエイジング対策として若いうちから定期的に受けていらっしゃる方が多い治療です。

実は私自身もウルトラリフトダブルは定期的に受けています。

その他にも、ケミカルピーリングやイオン導入を使ったベビースキン治療 も定期的に行っていますね。

気づいたときに、できるだけ早い段階から対策することが、アンチエイジングの必勝法だと思います。

―なるほどです…!治療以外では若々しさを保つ方法は何かありますか。

田中先生:普段の生活も実はとても大切です。ストレスをためずに楽しく前向きに毎日を過ごようにしてください。
そして、できるだけ鏡を見ましょう。

―か、鏡ですか!?トイレに行かないとほとんど見てません(汗)!

田中先生:鏡を見ることで、より美しくなろうという前向きさが生まれます。

ぜひ一度、試してみてください。


今回は頬のこけを手軽に改善することができるヒアルロン酸注入についてと、できるだけ頬がこけないようにする予防法についてお話を伺いました。

また、美容医療だけではなく日々の生活やモチベーションも大切だということに改めて気づかせていただきました!

私も毎日、笑顔を意識するようにして頑張ります!

詳しく教えていただいた田中先生、ありがとうございました!

≫田中先生の他の記事はこちら
やせてる人は特に注意!頬のこけを改善すれば若返る!

何事も、悪化する前に早めに対策を打つことが大切ということね。実は私も、30代から頬のこけが気になってきていたので、先生にできるだけ早めに相談します!!

<<専門家が語る!40代の美学講座一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリーの最新記事