40代女子が美しくなる方法

40代女性肌にオススメ化粧水は?プチプラでも効果あり成分はこれ!

忙しさや昔からの慣れもあって、40歳を過ぎてもずっと同じ化粧水を若い頃から使い続けている女性って実は多いのではないでしょうか。

また40代になってから買い替えを行っていても、それまでと同じような成分を配合した化粧水を使っている方も多いかもしれません。

40代であれば、その時の肌質や状態にあわせた配合成分の化粧水を選択する必要があり、これは化粧水に限ったことではなく、乳液や日焼け止め、そしてメイク道具においても同じことが言えます。

特に40代の女性は、女性ホルモンの減少などもあるため30代の頃以上に肌が変化しやすい状態になります。

そこで今回は、40代の女性に多い肌の状態や肌トラブルと、それらにあわせた化粧水について解説します。


■40代女性の肌の悩みとは

突然ですが、「厄年」を気にしたことはありますか?

10代、20代の若いころは、深夜まで遊びに行ってほとんど寝ないままでも翌日をクリアすることができたのですが、次第に寝不足が肌や身体に出やすくなってくるのが30代。

実は女性の場合、30代に厄年が6回(本厄は33歳、37歳)もやってきます。

「この間、やっと後厄が終わったのに、また前厄なのー!?」

と慌てて神社にお祓いに行かれた方もいるのではないでしょうか??

これは単なる迷信や昔話で片づけずに現代の女性達も真摯に捉えるべきことで、実際に30代以降になると、身体的にも精神的にもガクッと来やすくなるからです。

そして40代になると女性は、

・疲れやすくなる
・イライラしやすくなる
・老化が急激に進みやすくなる
・婦人科などの病気にかかりやすくなる
・家庭環境、仕事環境などでも変化が起こりやすくなる

といった症状が出やすくなる傾向があります。

そんな30代を終えた40代の女性の肌は、今さら申すまでもなく、今まで以上に老化が進みやすくなるため、日頃のお手入れの内容によって同じ40代でもかなりの差が出てきます。

早速すっぴん美人推進委員会が40代女性ユーザーにアンケートを取ったところ、以下のような肌の悩みを抱えている方がおりました。

・しみ、くすみ
・たるみ
・しわ
・毛穴の開き、黒ずみ
・乾燥

ただし多くの40代の方が答えたのは、上記の症状が1つだけ生じるのではなく、複数の症状が現れるという点です。

例えば

「しみと肌全体の乾燥が気になる」

「頬のたるみと目尻のしわが気になる」

「鼻の黒ずみやつまりと頬の毛穴のたるみが気になる」

など…。

30代では「しみひとつ」が気になっていたのに、40代は肌全体に悩みが広がってくるとも言えるでしょう。

と、前置きがかなり長くなりましたが、このように複合的な肌の悩みを抱え始める40代にオススメの化粧水について次の章で詳しく説明します。

…ちなみに余談ですが、
男性の場合は30代に厄年はありません。(42歳・61歳など)

確かに30代男性って、仕事も遊びも性欲も、バリバリ第一線!!ってイメージですよね!


■40代女性の肌に必要なもの①保湿

前述したとおり、40代の肌はしみ・くすみ・乾燥・しわ・たるみ・黒ずみなど、様々な肌トラブルを抱えています。トラブルにあわせた有効成分を配合した化粧水を使用することが勿論大切なのですが、どんな肌トラブルを抱えている方にもまずオススメしたいことがあります。

それが「保湿」です。

40代の肌トラブルでも上位に挙がっていましたが「乾燥」は30代以降の女性に特に多くみられる症状です。

40代以降の女性の肌が乾燥しやすいのは、老化によって肌の保湿機能がどんどん衰えていくためです。

乾燥によって肌の保水量が減少すると、しわ、毛穴の開き、たるみといった症状にもつながってきます。さらに水分不足は肌の新陳代謝(ターンオーバー)も乱すことになるなど、様々な肌トラブルの原因になります。
ある意味40代の女性の肌にとって一番大切なのは「保湿」「保水」対策だともいえます。

なお肌が乾燥すると、最近増えてきている脂漏性皮膚炎という赤みや痒みを伴う症状になることもあります。

脂漏性皮膚炎は乾燥の他、食生活、日常の生活習慣、飲酒や喫煙、ストレスなども複合的に関係しているので、できるだけ穏やかに生活することが大切ですが、少しでも回避するためには肌の保湿は大切なポイントです。


■40代女性にうれしい保湿効果のある成分

実際に40代女性の肌を悩ます乾燥をできるだけ防いでくれる保湿・保水効果がある化粧水成分としては以下が挙げられます。

・セラミド

肌の潤いにとって重要な役割を果たしている角質層は、たった0.02㎜しかありません。

そしてこの部分がしっかりと細胞や細胞間脂質で密閉されていれば、水分が蒸発することはありません。

つまりこの角質層をきちんと密度が濃い状態に保てれば自然と肌の保湿も維持することができるのです。

そんな時に最適な美容成分がセラミド。

セラミドは角質層の細胞間脂質の40%程度を占める成分なので、セラミドをしっかりと肌に与えることは理にかなった行為であるといえます。

・ヒアルロン酸

真皮の構成成分でもあるヒアルロン酸。

美容成分としてオーソドックスなものですが、その保水量は大変優れており、自身の重さの200倍以上の保水力を持っています。

セラミドよりも成分原価が安いので、せっかくだったら沢山配合している化粧水を選ぶようにしてください。

※なお化粧水でヒアルロン酸を塗布しても、真皮層にまでは到達しません。あくまで角質層の保湿という目的です。

・コラーゲン

ヒアルロン酸同様に真皮の構成成分です。

(ヒアルロン酸と同じく、角質層までのケアになります)

・アミノ酸

人間の身体の重要な構成要素でもあるアミノ酸は、肌にも多く含まれています。

角質層にある細胞にある天然保湿因子(NMF)には、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニンなど様々なアミノ酸が半分程度含まれています。

そのため加齢とともに減少していく天然保湿因子(NMF)を外から補うためにはアミノ酸が有効です。

いずれにせよ、できるだけたくさん配合しているものを選ぶことが大切。

価格が高いから良いというわけではないので注意が必要です。


■40代女性の肌に必要なもの ②紫外線ケア

さらに若い頃から日光を浴び続けてきた方の場合、加齢とあわせて紫外線の影響も大きく関係してきます。

紫外線を長きにわたって浴び続けると活性酸素等によって細胞が必要以上に酸化してしまい、皮膚の老化が早まります。これを光老化といい、特に40代前後から顔の様々な部分にしわが出てきます。

目尻のちりめんじわなど細かなしわは基本的に老化による水分不足が原因ですが、ゴルゴラインやほうれい線などにできる大きなくっきりとしたしわは、紫外線による影響を受けているケースが多いです。

光老化によって肌の真皮層がダメージを受け、肌を構成する要素であるコラーゲンやエラスチンが減少すると肌に深いしわができるため、日焼け止めクリームや乳液だけではなく、できれば化粧水でも紫外線対策をしておきたいところです。

実は、20年ほど前に「UV効果付き」と謳っていた化粧水はSPF1程度とほとんど効果がないものがほとんどで、国民生活センターもその件について注意喚起をすると同時に化粧水の効果実験もしています。(試験でも、SPF1前後のものがほとんどでした)

しかし今は各化粧品メーカーもしっかりとしたエビデンスある化粧水を作っており、デパートやドラッグストアで「UV対策」と記載されて販売されているものは、SPF5~10程度のものが中心になっています。

若い頃から紫外線に多く浴びてきてしまった40代女性の場合は、化粧水でも紫外線対策を行うとよいかもしれません。


■40代女性にうれしい紫外線対策のできる成分

化粧水だけではさすがに日焼け止めクリームのような紫外線対策はできませんが、それでも紫外線や日焼けから守ってくれる天然成分はあります。

・カンゾウ根エキス
甘草の根っこから抽出されるエキスです。抗炎症作用がありニキビ、肌荒れ対策に効果的です。またカンゾウ根エキスに含まれるリコカルゴンという成分は紫外線カット効果があります。さらにグラブリジンはビタミンCの270倍の美白作用があります。

・サクラ葉エキス
日本人にとって馴染み深いサクラにも抗炎症作用があります。サクラの葉にはイソフラボンやフラボノイドが含まれており、抗炎症効果、美白作用があるとされています。

・シアバター
中央アフリカに分布するシアの種子は、半分程度が脂質のため、クリームや油としても使用されていますが、紫外線吸収作用もあるため紫外線対策としても使用されています。

抗炎症作用がある天然成分としてはその他、オウゴンエキス、アーティチョーク葉エキス、ニーム葉エキス、ユキノシタエキス、ホホバオイルなどもあります。

なお日焼け止めクリームなどでは以下のような天然成分も使用されていることがあります。オキシベンゾン、メキゾリル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、パラアミノ安息香酸(PABA)といった合成成分と比較すると、肌に負担がかからないためお勧めです。

・酸化チタン
・酸化亜鉛
・酸化セリウム
・セサミ油
・シルク

40代は、放っておくと老化が自然と進行してしまう年齢です。

そういった肌の状態を理解し、少しでも早い段階から保湿効果が高くてUV対策になる成分も含まれているような化粧水を利用して、老化の進行をできるだけ抑える努力を行うことが大切です。

<<40代女子が美しくなる方法一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事