最新美容をリアル体験

40代女子にも眉スタンプは実用的か実際に検証してみた!

アムラー全盛期の頃の細眉にはじまり、アーチ型、ストレート型、軽ボサ方など、眉毛は時代とともにどんどん変化をしていきます。

一説によると、「女性の眉毛が細い時期は景気が悪い」という噂があるのを知っていますか??


ある人気番組で検証したところ、過去100年で実際に社会現象や景気と女性の眉毛の太さで一定のリズムがあったというのはわかったそうです。

そうすると、最近の太目眉毛は多少景気がいいということなのでしょうかね…?

逆に家庭の景気をよくしたい!と思っている40代ママなら、意図的に太目に眉毛をかくことで福を家に持ち込むこともできるかも!?

なんて考えてしまうのは40代妄想女子の悪いところ…(苦笑)

流行を追うことも大変ですが、日々の眉メイクって、結構実は大変だったりしませんか?

私の場合、左右の眉の高さが少しだけ異なるので、左右差をそろえるために左は上、右は下、と眉墨を付け足していくと、どんどんどんどん太く太くなり、終わった後に一生懸命消すという作業が待ち受けています…。

メイク上手な方の間でも、眉毛を左右差なく描くことが難しいという話があるそうなので、もうここは思い切ってドラえもんの道具?に頼ったほうが早い!!!

ということで、今回すっぴん美人推進委員会スタッフが目を付けたのは、韓国などでブレイクしている眉スタンプというもの。

早速40代スタッフが試してみましたーーー!


■噂の眉スタンプとは?

今回私たちが購入したものは、「KISS NEW YORK」というアメリカ生まれのコスメブランドが発売している「アイブロウスタンプ」です。

種類は4種類あって、

・自然なイメージのアーチ型
・トレンド感があるストレート型

で、それぞれ

・ナチュラルブラウン
・ディープブラウン

があります。

価格が1480円(税込)とプチプラなところもいいですよね。

ドラッグストアやバラエティショップでも販売されていますが、店頭で試せるところも多いのでぜひ購入前に試してみるとトいかもしれません。

アイブロウパウダーには汗・水・皮脂に強くて、ちょっとした刺激では簡単に流れたり取れることはありません。

スタンプをした際にダマになったり濃さにむらが出たりしないように、顔料とあわせてやわらかいマイクロスライディングパウダーやシルキーエラスチックパウダーを使用しています。


■どんなメリットがある?

実際に1週間使ってみた結果思ったことは、

とにかく朝の時短につながる!!!

ということ。

40代女性は、今更私が何かを語る必要がないほどに、皆さん忙しい朝を送っていますよね。。

かくいう私も、子供の世話、旦那の見送り、洗い物、できれば洗濯を済ませてからパートに出勤するという、スポーツジムになんて行かなくても1,000カロリーくらい消費できているのではないかという運動量で(言い過ぎ??)毎朝を迎えています。

メイク時間を時短できるだけではなく、余った時間を他のメイクに投下することができるのもうれしいのです。

ランチ会などちょっとしたイベントがあるときには、今まで眉描きに使っていた時間をベースメイクやシミ隠しをしっかり使うことができるようになり、すっぴん美人風のメイクをすることができるようになりましたょ!

また、今まで悩んでいた左右差がなくなるのは、かなりうれしいですよね!!

とはいえスタンプだと不自然になるのかなと思ったのですが、今の技術はさすがなもので、至って自然な感じ!!

ただし力加減などは少し慣れるまで練習が必要かもしれないので、特に外出がない日など、ちょっと練習をしておくとよいでしょう。


■眉スタンプの使い方のコツ

あくまで私が使った感じですが…。

・スタンプする前に押したい場所に位置をあわせる

・目尻側からスタンプをそっと押す

・一気に押しつけるのではなく優しく少しずつ力を加える

・少し濃くなってしまった場合は、アイブロウなどでラインをぼかす

といったところでしょうか。


■早速使ってみた!

パッケージを開けるとこんな感じ。

スタンプ台1つと、眉スタンプが2つ(左右用)は入っています。

なお、スタンプとスタンプ台はこんな感じで合体しますww

実際に腕に押してみたところこんな感じです。

濃すぎずに自然な感じのラインが付きました!

左だけにゆっくりとスタンプしてみた感じがこれです。
初めて使った割にはいい感じな気がします!

こんな時短アイテム、若い女性だけに使わせるのはもったいないので(笑)、ぜひ忙しいママ達にもお勧めの商品です!!!

本日のオススメ紹介は、「KISS NEW YORK」のアイブロウスタンプでした!

<<最新美容をリアル体験一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事